VOICE SPACE
  詩と音楽のコラボレーション集団 "VOICE SPACE" 公式ブログ
CD

声のまぼろし

CD「声のまぼろし」
2010年2月28日発売 ¥2000
ご購入はこちら→RAGTIME



Information

VOICE SPACE 

Author:VOICE SPACE 
・VOICE SPACEとは
東京芸術大学音楽学部の学生、院生、卒業生を中心とした、 現代詩を研究する音楽グループ。「音楽文芸」講座担当の佐々木幹郎氏、成田英明氏を顧問として2004年に発足。
>>メンバー



mail to VOICE SPACE



New Entries



Categories



Maxim

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



Comments



Trackbacks



Archives



Thanks!

>



Special

VOICE SPACE in 倉敷
Web写真集
(全330頁)

スライドショー 一覧


倉敷インスピレーション2006のレポートと併せてご覧ください。

レポート



Photo Club

VOICE SPACEメンバーたちが撮った写真を公開! VOICE SPACE写真クラブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



Search



Links

このブログをリンクに追加する



RSS



Let's play!




スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



12/1 日中現代詩シンポジウム in GEIDAI
去る11/29~12/3、来日した中国の詩人たちと日本を代表する詩人たちの交流
『第2回日中現代詩シンポジウム』(主催:思潮社+中坤パミール文学工作室)が
行われました。

その3日目である12/1(土)は、
中国の詩人4名と日本の詩人4名による公開シンポジウムが芸大で行われました。

参加詩人
日中現代詩シンポジウム
(中国)駱英、唐暁渡、西川、陳東東
(日本)高橋睦郎、佐々木幹郎、平田俊子、井坂洋子

それぞれが自分の詩を朗読したあと
駱英氏+高橋氏、唐暁渡+佐々木氏、西川氏+平田氏、陳東東+井坂氏
の組み合わせでお互いの詩の訳詩が朗読されました。

佐々木氏はいつもホーミーのような朗読パフォーマンスをしている「行列」を披露。
さて、これの中国語訳の朗読を任されたのは唐暁渡氏。
「真似はできませんよ~」と言いながらもノリノリの節回しで読みきりました。

西川氏の「皮膚」は散文体ながら
ところどころにでてくる「ピーフー(皮膚)」の響きが刺激的。
成田教授は西川氏に第一詩集「島の危ない住人たち」を献呈。
西川氏はかなり気に入られたようで、シンポジウム中ずっとペラペラと見ていました(笑)。

平田氏の「うらら」は「手紙がきても」「足紙がきても」などの
楽しい表現が含まれていますが
これを中国語訳した詩人の田原氏(この日のシンポジウムには通訳として参加)は
「足紙ってなんなんですか?辞書にのってませんけど!」と詩人本人に苦情(?)。

後半はこんな感じでお互いの詩についての本音トークが繰り広げられました。

シンポジウムの後、
VOICE SPACEの演奏を詩人のみなさまにお聞かせする時間を与えられていまして
久々にVOICE SPACEがほぼ全員集合。新作を含む6曲を演奏しました。

1.ひとこと/佐々木幹郎
2.「かっぱ」「さる」による小品/谷川俊太郎 ★新作世界初演
3.したもじり/谷川俊太郎 ★新作世界初演
4.りんごへの固執/谷川俊太郎
5.メアリーとダニーの庭 2007年版/佐々木幹郎
6.朗読劇「子守唄よ」より 子守唄よ/中原中也

本番時、私は出ずっぱりで写真を1枚も撮ってないため
以下、練習時の写真をUPします(クリックすると少し大きくなるよ!)

かっぱ・さる 練習風景 かっぱ・さる 練習風景2
「かっぱ」「さる」による小品を作曲した小田朋美さん(左の写真の右)は
VOICE SPACE初参加。
親しみやすいリズムでかっぱとさるを連呼する作品です!

メアリーダニー 練習風景 メアリーダニー 練習風景2
メアリーダニー 練習風景3 メアリーダニー 練習風景4
今回いちばん練習をしたのがメアリーダニー 2007年版
新メンバー中心の編成に生まれ変わり、コーラスに男声も加わりました。
詩はかわっていませんよ。
黄木くん&齊藤くんによる男声コーラスは優しくメアリーを呼びかけ
groove感溢れる関口くんのチェロは工夫に工夫を重ねまくり毎回違います(笑)
(ちなみに右上の写真でチェロを弾いているのはanilaこと中村大史で、
その隣が関口くんw)
左上はしゅうぞうさんが吹いているアイリッシュの旋律特有の装飾を
習得しようとしているヴァイオリンの森口さん。かわいい表情が撮れたのでUP!

谷川俊太郎氏の詩は中国でも教科書に載っているようで
VOICE SPACEの谷川俊太郎作品も
中国のみなさまに興味深く聴いていただけたようです。

さて。こうして今年のイベントもほとんど終わりました。
VOICE SPACEは来年から第2ステージに入ろうとしています。
これからも目を離さないでくださいね(笑)!!!

(文&写真:中村ゆ)
スポンサーサイト


この記事に対するコメント
▲TOP
この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

▲TOP
この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://voicespace.blog58.fc2.com/tb.php/99-5a75faa6
▲TOP



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。