VOICE SPACE
  詩と音楽のコラボレーション集団 "VOICE SPACE" 公式ブログ
CD

声のまぼろし

CD「声のまぼろし」
2010年2月28日発売 ¥2000
ご購入はこちら→RAGTIME



Information

VOICE SPACE 

Author:VOICE SPACE 
・VOICE SPACEとは
東京芸術大学音楽学部の学生、院生、卒業生を中心とした、 現代詩を研究する音楽グループ。「音楽文芸」講座担当の佐々木幹郎氏、成田英明氏を顧問として2004年に発足。
>>メンバー



mail to VOICE SPACE



New Entries



Categories



Maxim

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



Comments



Trackbacks



Archives



Thanks!

>



Special

VOICE SPACE in 倉敷
Web写真集
(全330頁)

スライドショー 一覧


倉敷インスピレーション2006のレポートと併せてご覧ください。

レポート



Photo Club

VOICE SPACEメンバーたちが撮った写真を公開! VOICE SPACE写真クラブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



Search



Links

このブログをリンクに追加する



RSS



Let's play!




スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



夏の夜の、孤独な徹夜は、哀しからずや ~作曲者のひとりごと その1~
部屋中こんな↓もう不要である草稿の紙だらけになってるのに
まだ裏がメモに使えると思うと捨てられない女なのです
基本、部屋に埃がたまってると気になって掃除するのですが
物が散らかってても気にならない性格なのです

推敲1

朗読劇『子守唄よ』が終わって気づけばもう2週間!
今回は、この夏をこの朗読劇の音楽を書くのについやした私中村が
この朗読劇の音楽11曲を、未公開写真(撮影:あたし)と共に
独断的に振り返ってみようと思います

ランスルー
M-1『サーカス』
チェリストがソロでどんなメロディーを弾いてくれるんだろと思ったら
な~んかよくわからない気持ち悪い音の繰り返し…
「ぇ…この朗読劇、ずっとこんなのが続くの…??」
と不安に思わせちゃったかもしれません
そう!この曲、秀逸とは言い難い、な~んだかとっても変な曲です
だって!この詩、変だもん!(ななな何をぃぅのか…!??)
ゆあーんゆよーんなんて音、かわいいし!
観客様はみな鰯なんですよ!そりゃ大変!
そんな、「サーカス」をはじめて読んだときの感覚を思い出しながら
音楽をつけてみました
ここでは男女4人が
な~んだかギコチナク言葉をぶつ切りにしながら朗読しますが
中也も生きていた時、こんな感じに朗読していたようですよ

M-2 中也の少年時代
朗読は中也の手記の抜粋からはじまり
やがて「少年時」の最後の連につながります
中也の背後からきこえてくる声は少年時の中也、
それを繰り返すのは少年時を振り返る大人の中也…
たった1分で終わる部分ですが
脚本早坂のセンスが光る地味におもしろいところであります

M-3 ダダ
大正14年のラジオの音声と
舞台上の全員(楽器演奏者を含める)によってランダムに叫ばれる
ダダイズムの詩の言葉が混ざる何とも奇妙なシーンであります
ここは私が特に作曲したりはしてないんですが
最もVOICE SPACEらしい(?)場面だと思います
こういうところも大真面目に練習しています!

kojo
M-4 『湖上』
「中也は詩を書くために生まれてきたようなひとでした。」
そんな長谷川泰子の追憶に続いて
イントロがはじまりなんと突然ここで歌いだします!
この曲は一度5月に山口のサーカス小屋でも演奏しましたが
その時は独唱曲でした
今回はソプラノとテノールの二重唱に生まれ変わり
ラブなシーンになりました
この曲は楽器のみんなも楽しそうに練習していたし
聴いて下さった方々にも特に好評で
作曲者として嬉しい限りでございます…

その2に続く!
スポンサーサイト


この記事に対するコメント
▲TOP
この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

▲TOP
この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://voicespace.blog58.fc2.com/tb.php/94-ab715673
▲TOP



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。