VOICE SPACE
  詩と音楽のコラボレーション集団 "VOICE SPACE" 公式ブログ
CD

声のまぼろし

CD「声のまぼろし」
2010年2月28日発売 ¥2000
ご購入はこちら→RAGTIME



Information

VOICE SPACE 

Author:VOICE SPACE 
・VOICE SPACEとは
東京芸術大学音楽学部の学生、院生、卒業生を中心とした、 現代詩を研究する音楽グループ。「音楽文芸」講座担当の佐々木幹郎氏、成田英明氏を顧問として2004年に発足。
>>メンバー



mail to VOICE SPACE



New Entries



Categories



Maxim

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



Comments



Trackbacks



Archives



Thanks!

>



Special

VOICE SPACE in 倉敷
Web写真集
(全330頁)

スライドショー 一覧


倉敷インスピレーション2006のレポートと併せてご覧ください。

レポート



Photo Club

VOICE SPACEメンバーたちが撮った写真を公開! VOICE SPACE写真クラブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



Search



Links

このブログをリンクに追加する



RSS



Let's play!




スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



プレゼンテーション Ⅱ 上演作品決定!!
7月18日は第2回目のプレゼンテーション@芸大(>>前回の様子)。
倉敷で上演する作品を決定しなければいけないので、
「この日までには絶対に作ってくるように!」
とのお達しが出ていました。

そんなわけで、前回は発表しなかったメンバーたちが新たに新作を持ち寄ってきました。
この日のプレゼンに名乗りをあげた作品たち(↓)。
ホワイトボードには発表順と演奏時間が書かれています。

演目

コンサートでの"VOICE SPACE"の持ち時間は限られているため、
全員の作品はどうしたって演奏できません。
苦渋の決断をしなければいけないシーンもあり、いつになくシリアスな時も流れました。
そして、倉敷インスピレーションでは以下の5作品が上演されることが決まりました。
以下、作曲者および朗読者の名前と、その上演作品の題名です。

(1)成田英明先生 「メアリーとダニーの庭」
(2)早坂牧子+服部響子+萬谷衣里 「朝顔」
(3)澤村祐司 「ひとこと」
(4)中村裕美 「りんごへの固執」
(5)森川孝太朗 「海」「殺す」「不思議」「三十億六千万」「朝」


いずれも詩は谷川俊太郎、佐々木幹郎両氏のものです。
(どれがどちらの作品か、分かった人はかなりの通かも。)
演奏形態は、ソロの語りから重唱・奏、バンド演奏入りの朗読、
メンバーほぼ全員出動のスペクタクル大作まで、どれひとつとして似たものがない異色ずくし。
演奏する他の出演者たちについては、追ってご紹介していきますね!

佐々木先生も、
「たいへん質の高い作品構成になったと思う。
特に森川作品は"VOICE SPACE"を代表する名作。」
とコメント。
うお~!一気にテンション上がってきましたよ!!

森川作品プレゼン中... (撮影:成田英明先生)
森川作品プレゼン中...

森川作品は実は、この日が初合わせだったんです。
「正直初日はあまりうまくいかないだろうと思っていましたが、
さすがです。恐れ入りました。」
とは、作曲者・森川孝太朗さんの出演者に対するコメント。

プレゼンが終わって

演目も確定したところで、"VOICE SPACE"はこれから本格的な練習に入ります。
8月には山小屋での合宿を控えており、そこでも結束を固めることでしょう。

こちら(↓)はその山小屋にて生産されているジャムで、その名も"アリスジャム"。
(山小屋については、月刊「みすず」に、毎号、佐々木先生執筆の
「山小屋便り」が連載されていますので、ぜひ本屋さんでお手にとってみてください。)

アリスジャムと倉敷チラシ

「倉敷インスピレーション」のチラシ
も出来上がりましたよ!

ちなみに、この"VOICE SPACE"公式ブログの立ち上げに関してですが、
実は私(萬谷)が言いだしっぺだったりします。
倉敷インスピレーション公演を楽しみに待ってくださっている皆さんや、
"VOICE SPACE"って何? どんなことしてるの?
という方々への情報発信ができればと思い、スタートした次第です。
コンサートへ向けての準備など、舞台裏の段階から掘り下げて、
皆さんに楽しんでいただけるよう、なるべく頻繁に更新していく予定です。
どうぞよろしくお願いいたします!

(by 萬谷)

スポンサーサイト


この記事に対するコメント
▲TOP
この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

▲TOP
この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://voicespace.blog58.fc2.com/tb.php/8-73a24950
▲TOP



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。