VOICE SPACE
  詩と音楽のコラボレーション集団 "VOICE SPACE" 公式ブログ
CD

声のまぼろし

CD「声のまぼろし」
2010年2月28日発売 ¥2000
ご購入はこちら→RAGTIME



Information

VOICE SPACE 

Author:VOICE SPACE 
・VOICE SPACEとは
東京芸術大学音楽学部の学生、院生、卒業生を中心とした、 現代詩を研究する音楽グループ。「音楽文芸」講座担当の佐々木幹郎氏、成田英明氏を顧問として2004年に発足。
>>メンバー



mail to VOICE SPACE



New Entries



Categories



Maxim

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



Comments



Trackbacks



Archives



Thanks!

>



Special

VOICE SPACE in 倉敷
Web写真集
(全330頁)

スライドショー 一覧


倉敷インスピレーション2006のレポートと併せてご覧ください。

レポート



Photo Club

VOICE SPACEメンバーたちが撮った写真を公開! VOICE SPACE写真クラブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



Search



Links

このブログをリンクに追加する



RSS



Let's play!




スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



山口レポート番外編*






山口レポートは番外編、覚和歌子さんの「リフレイン」という詩に僕、中村大史と権頭真由が音楽をつけて発表させていただきました。

ふたりで何ができるか、この詩とともに何ができるか…
オルゴールとアコーディオン、そして自分たちの声。僕たちは、自分たちの持つもので表現をすること、そしてひとりではなくふたりで音楽を作るということに挑戦しました。それは、VOICE SPACEの中で初めて作品を作るにあたって、けっして容易な作業ではありませんでした。

演奏の技術ばかりではなく、世界観に頼ってばかりいるのでもなく、そして他人に伝える、魅せるということ。試行錯誤には、いつも、そして最後まで、先生方や仲間の皆のアドバイスや励ましがありました。

写真は自宅の作業机とオルゴール本体。今回使用したオルゴールはオルガニートと呼ばれるもので、紙にパンチで穴を開け、それを手回しのハンドルで巻き込み、自分で速度を調整しながら演奏します。お互いの呼吸を感じ合いながら奏でるそれは、他の楽器にはない難しさやもどかしさがあり、そして、だからこその気持ちよい瞬間があったりします。

会場にいらしていただいた皆様、そして詩を書かれた覚さん本人の目の前での精一杯の演奏を終え、すれ違い様に覚さんが声をかけてくれた「ありがとう」という言葉がまだ耳に残っています。


申し遅れましたがはじめまして、中村(♂)です。
アイリッシュ以外で参加することができて、とてもいい勉強と経験になりました!不安と緊張の嵐でしたが…
以上、山口レポート番外編でした*

(中村大史)


スポンサーサイト


この記事に対するコメント
▲TOP
この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

▲TOP
この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://voicespace.blog58.fc2.com/tb.php/70-7b772e1d
▲TOP



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。