VOICE SPACE
  詩と音楽のコラボレーション集団 "VOICE SPACE" 公式ブログ
CD

声のまぼろし

CD「声のまぼろし」
2010年2月28日発売 ¥2000
ご購入はこちら→RAGTIME



Information

VOICE SPACE 

Author:VOICE SPACE 
・VOICE SPACEとは
東京芸術大学音楽学部の学生、院生、卒業生を中心とした、 現代詩を研究する音楽グループ。「音楽文芸」講座担当の佐々木幹郎氏、成田英明氏を顧問として2004年に発足。
>>メンバー



mail to VOICE SPACE



New Entries



Categories



Maxim

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



Comments



Trackbacks



Archives



Thanks!

>



Special

VOICE SPACE in 倉敷
Web写真集
(全330頁)

スライドショー 一覧


倉敷インスピレーション2006のレポートと併せてご覧ください。

レポート



Photo Club

VOICE SPACEメンバーたちが撮った写真を公開! VOICE SPACE写真クラブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



Search



Links

このブログをリンクに追加する



RSS



Let's play!




スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



VOICE SPACE in 倉敷 その8 詩と音楽のコンサート (第二部)
第2部は、いよいよVOICE SPACE on stage!!
これについては、特に詳しい説明を交えながら
ふくしゅうしなきゃ。

佐々木幹郎/『朝顔』(詩集『蜂蜜採り』より)
DSC_0495
舞台の上手、下手から語り手3人娘が歌いながら登場すると
会場は一気にこのギリシア神話の空気に包まれました。
会話風の詩を早坂さん(左)と服部さん(右)が交互に歌い、
萬谷さん(中)は常にオブリガートを歌っています。
この歌は即興で歌われているので
練習でも毎回違う色をみせていましたが、
本番では今までにない音の広がりを見せていました。

佐々木幹郎/『ひとこと』(詩集『砂から』より)
DSC_0499
昼間の演奏会成功の勢いをそのまま持参した澤村くん。
前半では静かに語りながら弦を弾き、徐々に上昇していく気体のように
筝をかき鳴らしてゆき、最後には歌になります。
本人に聞けばこちらもほぼ即興なんだそうで
箏のアレンジも芸祭の時よりパワーアップ。
よりダイナミックに『ひとこと』を表現していました。

谷川俊太郎/『りんごへの固執』(詩集『定義』より)
DSC_0508
語り手・小林沙羅嬢がひとたび「りんご~」と巻き舌をすると
笑いがどっと巻き起こる。
「いつもより多く巻きました!」とは演奏後の沙羅嬢談。
更には演奏中にお客さんの一人が大きなくしゃみをするハプニングに
沙羅嬢がすかさず反応し、会場大爆笑。作曲者(私)の想定の範囲外!
『りんごへの固執』に僕は思わずくしゃみをした。のね。。

聴いて下さった沢山の方々から質問をおうけするのでお答えしますが
この曲は即興ではなく私が普通に楽譜を書き、演奏者のお二人は
音に関してはその譜面を忠実に再現してくれています。
動きなど演出は3人でアイディアを出しながら決めています。

佐々木幹郎/『メアリーとダニーの庭』
(詩集『悲歌が生まれるまで』より)
DSC_0512
(e)Shuzo Bandとのコラボレーション曲。
女性達がメアリーダニーのコーラスをしだすと
それに早坂さんが落ち着いた低音ヴォイスで朗読を重ねてゆき
やがて高揚してゆき(e)Shuzo Bandが
スローテンポのワルツを奏で始めます。
アイルランドの田舎の雰囲気が楽しく伝わっていればいいな。

「(e)Shuzo Bandの音楽を使おう」「皆でコーラスしよう」
「佐々木氏の過去作品のフレーズを取り入れよう」等の
成田英明先生のアイディアを元に
VOICE SPACEメンバーで意見を出し合って構成、
それを私(中村)が譜面に起こしています。

谷川俊太郎/『落首九十九』より と 『空に小鳥がいなくなった日』より
DSC_0526
最後の曲は11人編成、組曲形式の大曲。

1曲目『海』は服部さんのソロ朗読。
ゆっくりと丁寧に語る彼女は神様のようでした。

2曲目『殺す』は突き刺すようなボンゴのビートに合わせて
コーラスが3パートに分かれて「殺す」を連呼。
この会場では1人1人の声をマイクで拾っていたので
強烈な叫びが会場中を埋め尽くした筈です。。

3曲目『不思議』(写真)は危なっかしい程にかなりユニークな詩。
それを作曲者・森川氏は何と演歌に仕立て上げちゃいました!
イントロが始まり井口君が司会風に熱く紹介すると
服部さんがマイクをスタンドから外して手に持ち熱唱!
1コーラス歌い終わるとブラボー!ならぬ 天晴 拍手喝采!

拍手も鳴り止まぬまま4曲目『三十億六千万』に突入。
コーラスが一人一人バラバラに詩を読み上げ
それらは決して一つになりません。

5曲目『朝』
このコーラスパートはなかなか緊張するんです。
服部さんは谷川詩の世界に真っ直ぐに向き合い語りきりました。

ご来場のお客様からあたたかい拍手を頂き感謝の気持ちでいっぱいの中
アンコールに『はじまり はじまる』を
小室さん、谷川さん、佐々木さんと一緒に全員でもう一度合唱。
本当に、長時間のステージをあたたかく見ていただき
ありがとうございました。

(中村ゆ)
スポンサーサイト


この記事に対するコメント
VOICE SPACEの皆さん、倉敷インスピレーションでのステージ、本当にすばらしかったです。
久しぶりに、深い感動に包まれるという体験をさせて頂きました。ありがとうございます。

私は、第1回の立ち上げの頃からお手伝いしていて、今回、大阪や東京から、たくさんのお友達に倉敷インスピレーションを聴きに来てもらいました。
かなり長くなりますが、そのお友達からもらった感動のメール、特にVOICE  SPACEの皆さんに関係の深いところを抜粋して、お送りします。
オジサン、オバサンばかりで若い人がいないけど、よろしければ、ご覧ください。

<大阪、50代後半、男性>
前回は出席できなかったのですが、今回は後半の東京芸大の メンバ-の演奏が大変おもしろく、芸術家の卵達が立派に育っていることに感動しました。若い才能が思う存分発揮されて、こちらも若返りました。
特にフィドルの女性はなかなか魅力的でした!?
アイリッシュ音楽のグル-プは独立しても演奏活動できるのじゃないでしょうか。
すでにデビュ-されてるのでしょうか?
最後の音楽の作曲者も才気煥発、将来が楽しみです。
前半のト-クと音楽は、谷川さんや小室さんならこんなもんだろうなぁというおよそ想定内のおもしろさと感動という感じでした。
特にあまり脚色のない作りがアットホ-ムな雰囲気で、このような催しにはぴったりなんかなぁと思いました。
演奏会後の帰り道、地元のおばちゃんに話しかけられて、演奏会の感動をお互いに語り合いました。本当に感動されてましたよ。
 
<東京、50代前半、男性>
一部は昨年よりも掛け合いが楽しく、いいコンサートになってきていてどこでも楽しめる内容ですね。ぜいたくな催しと思いました。
第二部は大変意欲的な企画でした。りんごのパート、大変面白かったです。
ただ、素人考えですが、どうも詩、音楽、ときて音楽が成長してくると、現代音楽のジャンルとどう違うことができるのか、という気もして聞いていました。
そんなことより、出演している人たちが何より真剣に取り組んでいる姿勢が大変好ましかったと思います。

<大阪、50代後半、男性>
本当に 良い催しにお誘いいただいてありがとうございました。
うちの奥さんも若い人たちの、すばらしい演目に感激しておりました。
もちろん、オッちゃんもとても楽しく、「VOICE SPACE」のHPなどを見て、余韻にふけっております。

<東京、50代後半、男性>
学生たちのコンサートがよかった。
私は今まで、琴にはあまり関心がなかったのですが、音色もいいし、現代詩に創作曲をつけたり、とても面白かった。
それにしても、みんな、音楽の才能はもちろんだけど、もっと広い意味で、芸達者ですね。

<横浜、40代前半、女性>
コンサートは、芸大の学生さんたちのパワーを素直に感じることができました。
来年もとても楽しみです。
まだ、頭のなかに、「りんごぉー」がぐるぐるしている・・・・。

<大阪、60代前半、男性>
今年も倉敷インスピレーションに参加させていただきありがとうございました。
率直に言って今年のほうが、楽しむことができました。
昨年は、詩の朗読・大物競演に集中した観があり、やや聴かせるという雰囲気がありましたが、
今年は原点である「言葉」を大切にしながらも、
芸大生たちが、自由に発想を広げて、
さまざまなコラボレーションを試みてくれて、
インスピレーションの名にふさわしい楽しいイベントになったと感じました。
(アイリッシュ、琴、笛、ソプラノ、最後の総出演、アンコールなど・・・)
谷川・佐々木御大の朗読はかえって存在感がありましたし、
小室さんの音楽の味が通奏低音のように、
全体の雰囲気を支えているようにも感じました。


<大阪、50代後半、女性>
倉敷、とってもいい時間を過ごすことが出来ました。有難うございました。
小室さんのCDを聴いていたので、第一部は想像どおりでしたが、ボイス・スペースは想像以上でした。あんなに沢山の楽器が出てくるとは思っていませんでした。初めての経験でした。若さと才能と情熱にあふれていましたね。眩しかったです。
一緒にいった友人もとても満足していました。
来年はどんなイベントになるのでしょうか。楽しみです。

【2006/10/18 18:05】 URL | 小島多恵子 #- [ 編集]

▲TOP
この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

▲TOP
この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://voicespace.blog58.fc2.com/tb.php/42-324792e9
▲TOP



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。