VOICE SPACE
  詩と音楽のコラボレーション集団 "VOICE SPACE" 公式ブログ
CD

声のまぼろし

CD「声のまぼろし」
2010年2月28日発売 ¥2000
ご購入はこちら→RAGTIME



Information

VOICE SPACE 

Author:VOICE SPACE 
・VOICE SPACEとは
東京芸術大学音楽学部の学生、院生、卒業生を中心とした、 現代詩を研究する音楽グループ。「音楽文芸」講座担当の佐々木幹郎氏、成田英明氏を顧問として2004年に発足。
>>メンバー



mail to VOICE SPACE



New Entries



Categories



Maxim

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



Comments



Trackbacks



Archives



Thanks!

>



Special

VOICE SPACE in 倉敷
Web写真集
(全330頁)

スライドショー 一覧


倉敷インスピレーション2006のレポートと併せてご覧ください。

レポート



Photo Club

VOICE SPACEメンバーたちが撮った写真を公開! VOICE SPACE写真クラブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



Search



Links

このブログをリンクに追加する



RSS



Let's play!




スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



VOICE SPACE in 倉敷 その9(最終回) 佐々木幹郎氏より
VOICE SPACE in 倉敷のレポートも本日をもってついに完了!
メンバーそれぞれが忘れられない体験をした、倉敷での3日間。
その思い出は2週間が経った今でも、鮮やかなままです。

最後に「倉敷インスピレーション」の発起人、VOICE SPACE顧問の詩人・佐々木幹郎氏からご寄稿いただいた文章と写真を、ここに掲載いたします。

Mikiro Sasaki 
 佐々木幹郎氏より

 第2回倉敷インスピレーションが終った。個人的には、これまで無数に詩の朗読会をやってきたが、今回ほど魂に触れるような、心に残るイベントはなかった。なによりもVOICE SPACEのメンバーと共演できたこと、それが大成功に終ったこと、そのための準備作業の期間が5ヶ月に及んだこと。

 そのすべてが初めての試みで、倉敷側との折衝はあらゆる問題を含めて、無限に続くように思えた。総合プロデュースをまかされている身としては、谷川俊太郎、小室等氏らとの共演は第1回で経験済みだし、これまでも他の地域で何度もやってきた。無名の、VOICE SPACEの実験的な公演が成功するかどうか、地元に受け入れられるかどうか、これが最大の勝負だった。

 それが無事、想像を越えた好意的な反応で、感動の声が寄せられ、涙を流して聞いてくださった方々もいたことは、ほんとうに大きな励ましになった。アンコールを終えて舞台から降りるとき、大原謙一郎氏がスタンディング・オベーションをしてくださっているのを目にして、ただ、ひたすら感謝する以外になかった。また、打ち上げのとき、大原氏は「10年後に、今回のVOICE SPACE公演のDVDを持っていることを誇りに思うだろう」とおっしゃってくださった。

 倉敷インスピレーションは、どこからはじまったのか。2004年春、大原氏から依頼を受け、現地を2日間にわたって案内されたものの、あまりにも美しすぎる町並みを見て、わたしは断ろうと思っていた。わたしがやるまでもない。ここなら、誰でもできる。しかし、最終的に引き受けることを決断した理由は、ただ、ひとつ。半世紀以上も封印されたままだった建物、「無為堂」を見たときだった(「無為堂」は現在も未公開)。

 児島虎次郎が装飾をほどこした国籍不明のデザイン感覚の迎賓館、そして大原孫三郎が建てたガラスの箱とも言える東屋(茶室?)、そして虎次郎の和洋折衷様式のアトリエ。なかでも、東屋は明治期から大正期にかけて建てられたシュールな建物で、雑草に囲まれた四面ガラス張りの東屋を見た一瞬、電撃を受けたように、わたしのなかで倉敷インスピレーションがはじまったのだった。わたしは大原氏に、雑草の中でふり返って言った。「負けました。やります」。

 今回、もう一度、「無為堂」をVOICE SPACEのメンバーと一緒に訪れることができた。東屋は雨に打たれていた。2年前に来たときよりも、周囲の雑草は刈り取られている。

建築評論家の藤森照信氏は、この建物を東屋ではなく、「煎茶」用の茶室ではないか、と論じている。
http://www.be.asahi.com/be_s/20060521/20060508TBUK0090A.html

ただし、藤森氏に確かめると、「茶室」というのは、あくまでも仮説とのこと。東屋が正しいかもしれないとのことだった。

 記念のために、今回訪れた「無為堂」の東屋の写真を掲載しておこう。こいつだよ、この建物だよ、インスピレーションの正体は。いつか、ここで倉敷インスピレーションの本番をやろう、と大原謙一郎氏と約束したのだ。

20061015204507.jpg
(文・写真:佐々木幹郎)




佐々木先生、ありがとうございました!

「無為堂」の様子は、VOICE SPACE in 倉敷 Web写真集でもご覧になることができます。
筆者も写真を撮りながら、この土地で出逢った得体のしれない建物とその印象を、強く心に刻まざるを得ませんでした。

第2回倉敷インスピレーションは終わりましたが、
このブログはまだまだ続きます!乞うご期待!!

(by萬谷)
スポンサーサイト


この記事に対するコメント
▲TOP
この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

▲TOP
この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://voicespace.blog58.fc2.com/tb.php/39-7e84cf73
▲TOP



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。