VOICE SPACE
  詩と音楽のコラボレーション集団 "VOICE SPACE" 公式ブログ
CD

声のまぼろし

CD「声のまぼろし」
2010年2月28日発売 ¥2000
ご購入はこちら→RAGTIME



Information

VOICE SPACE 

Author:VOICE SPACE 
・VOICE SPACEとは
東京芸術大学音楽学部の学生、院生、卒業生を中心とした、 現代詩を研究する音楽グループ。「音楽文芸」講座担当の佐々木幹郎氏、成田英明氏を顧問として2004年に発足。
>>メンバー



mail to VOICE SPACE



New Entries



Categories



Maxim

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



Comments



Trackbacks



Archives



Thanks!

>



Special

VOICE SPACE in 倉敷
Web写真集
(全330頁)

スライドショー 一覧


倉敷インスピレーション2006のレポートと併せてご覧ください。

レポート



Photo Club

VOICE SPACEメンバーたちが撮った写真を公開! VOICE SPACE写真クラブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



Search



Links

このブログをリンクに追加する



RSS



Let's play!




スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



プレゼンテーション Ⅲ 小室等さんを招いて
倉敷インスピレーションまで、あと1ヶ月を切りました!
さあ、これからが大詰め。
これからが正念場です。VOICE SPACE、気合入れるんじゃー!!
・・・ってことで、8月29日第3回プレゼンテーション@芸大 には、倉敷公演でご一緒する
歌手の小室等さんが、叱咤激励に駆けつけてくださいました。

我々の作品プレゼンテーションの様子を真剣に見つめる
佐々木幹郎さん、小室等さんのお二人。(佐々木氏は"先生"と呼ばれたくないみたいです)


どれどれ・・・

20060831021330.jpg

中村作品 「りんごへの固執(詩:谷川俊太郎)」 上演風景。
小室さんによる絶賛を受け、カニ歩きをしていたフルーティストも満足げです。

20060831021355.jpg

成田先生プロデュース 「メアリーとダニーの庭(詩:佐々木幹郎)」 練習風景。
この作品は山小屋合宿を経て、当初の形から大幅に変更されましたが、
小室さんからアドヴァイスを受けて更に進化を遂げそうです。

20060831021409.jpg

これは森川作品の合わせ風景ですが、大所帯のため全員写っていません。
「海」「殺す」「不思議」「三十億六千万」「朝」(詩:谷川俊太郎)
という性格の異なる5曲を、アイデアを出し合いながら作り上げていきます。
こちらもまだまだ可能性を秘めている気がします。

この他にも、早坂+服部+萬谷 作品 「朝顔 (詩:佐々木幹郎)」
澤村作品 「ひとこと (詩:佐々木幹郎)」など、
倉敷インスピレーションで上演する計5作品が、小室さんの前で披露されました。

20060831021315.jpg 20060831021242.jpg
20060831021254.jpg 20060831021305.jpg

小室さんには個々の作品に対する講評をいただき、
その言葉からたくさんヒントを受け取ったVOICE SPACE。
それぞれが作品への取り組みを再考するきっかけともなる、とても充実した会となったのでした。

3時間近く続いたプレゼンテーション。
小室さんは多忙のため、この後の反省会(≒飲み会)には
残念ながら出席されませんでしたが、また来ていただけるようなので、
その時にはもっとパワーアップした作品を見ていただきたいものです。

20060831021421.jpg

小室さん、にこやかにご退場。
これにて第3回プレゼンテーションは終了!

(文 by 萬谷)(写真 by 成田先生&萬谷)
スポンサーサイト


この記事に対するコメント
▲TOP
この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

▲TOP
この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://voicespace.blog58.fc2.com/tb.php/20-b97f25c9
▲TOP



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。