VOICE SPACE
  詩と音楽のコラボレーション集団 "VOICE SPACE" 公式ブログ
CD

声のまぼろし

CD「声のまぼろし」
2010年2月28日発売 ¥2000
ご購入はこちら→RAGTIME



Information

VOICE SPACE 

Author:VOICE SPACE 
・VOICE SPACEとは
東京芸術大学音楽学部の学生、院生、卒業生を中心とした、 現代詩を研究する音楽グループ。「音楽文芸」講座担当の佐々木幹郎氏、成田英明氏を顧問として2004年に発足。
>>メンバー



mail to VOICE SPACE



New Entries



Categories



Maxim

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



Comments



Trackbacks



Archives



Thanks!

>



Special

VOICE SPACE in 倉敷
Web写真集
(全330頁)

スライドショー 一覧


倉敷インスピレーション2006のレポートと併せてご覧ください。

レポート



Photo Club

VOICE SPACEメンバーたちが撮った写真を公開! VOICE SPACE写真クラブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



Search



Links

このブログをリンクに追加する



RSS



Let's play!




スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



【番外編】Sylvia Rouffet個展 × 薬師寺典子Concert レポ【中村的視点】
どうも、お久しぶりの中村(ゆ)です
今回は番外編です
5月26日にフランスのアントニーにて行われた薬師寺典子出演イベントについて
これを見てきた中村的視点でお伝えいたします

Samedi 26 Mai 2012 (Saturday 26 May 2012)
_IGP4861_convert_20120602035748.jpg
さぁ 飛行機ではるばる12時間かけてやってきたのは
フランスはアントニー
パリ中心部から電車で南へ30分ほどの都市です
オルリー空港がある街です

_IGP4859_convert_20120602040041.jpg
会場はEspace Henri LASSONという多目的スペースであります

_IGP4823_convert_20120627221213.jpg
この素敵な女性は画家のSylvia Rouffetさんです
薬師寺は現在ブリュッセルに留学していますが
その前にフランスでも勉強していた時期があり その頃にこのSylviaさんと意気投合し
Sylviaさんは薬師寺をモデルにした作品をいくつも制作しております

_IGP4820_convert_20120602041724.jpg
今回はこのSylviaさんの個展の初日の夜に
薬師寺典子がコンサートを行う という粋なイベントであります
写真はピアニストの平福さんと薬師寺の打ち合わせシーン

_IGP4819_convert_20120629195738.jpg
私が開始時間を30分間違って覚えていた上、その時間に30分の遅刻をしたため
私待ちでコンサートはなかなか開始できなかったらしく
もうお客さんたちは飲んだりつまんだりしてできあがっておりました

_IGP4827_convert_20120629195704.jpg

セットリストはこちら↓

Soprano:Noriko Yakushiji
Piano:Kiyoko Hirafuku

Sur la lac (湖上)
Musique: Yumi Nakamura (2007)
Texte: Chuya Nakahara (1937)

Le Colibri (蜂雀)
Musique: Ernest Chausson (1882)
Texte: Leconte de Lisle (1855)

Sakura Yokocho (さくら横丁)
Musique: Yoshinao Nakada (1962)
Texte: Shuich Kato (1948)

La Neige (雪)
Musique: Tohru Takemitsu (1963)
Texte: Shinich Segi (1963)

Chanson de Matin (朝の歌)
Musique: Yumi Nakamura (2007)
Texte: Chuya Nakahara (1926)


※私的に「これはどうなの?」と思うスペルもありますが(特にShuichなどのくだり)
フランス式にはこうなのでしょうか 敢えてプログラム通りに記載いたしました

_IGP4826_convert_20120627215227.jpg
薬師寺は1曲ずつフランス語でMCをしながら各作品の前に移動し
その作品からイメージして選曲した曲を歌いました
聴衆も1曲ずつ移動しながら聴くわけです
(ちなみにフランス語がわからない私はMCの内容がわかりませんでした)

_IGP4833_convert_20120627221324.jpg
初夏のサタデーナイト(といってもとても明るい)に日本語の歌が響き渡ります
窓も扉もあきっぱなしのスペースでどんどんお客さんが集まってきます

特にkojoはファンタスティックなメロディー とお褒めをいただきました ありがとうございます

Sylviaさんは長年 娘さんをモデルにした作品を制作していたそうですが
(ここに展示されているカラフルな女性の作品がそうだと思われます)
薬師寺に出会ってから 初めて娘さん以外の人をモデルに作品を制作しようという意欲が生まれたそうです

フランス人のフィルターを通した日本を見ながら
日本の美しさに気づかされたり などとベタな感想を残しつつ
このレポを終わるとします
_IGP4847_convert_20120627214244.jpg

最後まで読んでくださりありがとうございます
ここだけの話ですが 今年の12月21日はどうか皆様ご予定を空けておいてくださいませ!
なにかがおこります!

(yumi-NAKA.)
スポンサーサイト


この記事に対するコメント
▲TOP
この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

▲TOP
この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://voicespace.blog58.fc2.com/tb.php/197-1ac1488c
▲TOP



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。