VOICE SPACE
  詩と音楽のコラボレーション集団 "VOICE SPACE" 公式ブログ
CD

声のまぼろし

CD「声のまぼろし」
2010年2月28日発売 ¥2000
ご購入はこちら→RAGTIME



Information

VOICE SPACE 

Author:VOICE SPACE 
・VOICE SPACEとは
東京芸術大学音楽学部の学生、院生、卒業生を中心とした、 現代詩を研究する音楽グループ。「音楽文芸」講座担当の佐々木幹郎氏、成田英明氏を顧問として2004年に発足。
>>メンバー



mail to VOICE SPACE



New Entries



Categories



Maxim

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



Comments



Trackbacks



Archives



Thanks!

>



Special

VOICE SPACE in 倉敷
Web写真集
(全330頁)

スライドショー 一覧


倉敷インスピレーション2006のレポートと併せてご覧ください。

レポート



Photo Club

VOICE SPACEメンバーたちが撮った写真を公開! VOICE SPACE写真クラブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



Search



Links

このブログをリンクに追加する



RSS



Let's play!




スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



15がひとつになる劇的瞬間。
■第2部■

サーカス(t%) 人物2(m$)
7.☆サーカス(曲:小室等 詩:中原中也)
まる六+VOICEの関口将史(Cello)という5人編成で演奏されたこのロックチューンは
この詩に対する関口くんのパンキッシュな解釈によるソロにより
まるでサーカスのようにスリル満点の演奏に。
私、この日の録音MDの中では自分の曲よりもこの曲ばかり何度もパワープレイしてしまいます。

湖上(t%) 湖上(m$)
8.★朗読劇『子守唄よ』より 湖上(曲:中村裕美 詩:中原中也) [2007]
まる六が中也を出してきたなら、こちらも中也で。
今までの「湖上」よりちょっと人数少なめの編成だけど
心なしか今まででいちばんアツい演奏だった気がします。

9.☆はじまりはじまる(曲:小室等 詩:佐々木幹郎)
10.★恋(曲:澤村祐司 詩:佐々木幹郎) [2008/日本初演]
今度は佐々木幹郎作品を続けて2曲。
まる六も4人に増えますと「はじまりはじまる」も深みが増しますね。
「恋」は、VOICEの澤村氏(箏)+まる六のこむろゆいさん(朗読)というセッション。
ゆいさんがハスキーボイスでやさしく語りかけます。うまい。うますぎる。

ushi(y#) うしリハ2(m$)
11.★うしのうしろに(曲:小田朋美 詩:谷川俊太郎) [2008/日本初演]
言葉と手足のパフォーマンス作品。
この約6分のなかにはいろんな「う」がでてきます。
「ぅ~」とうなるような「う」だったり、「ウッ!」とつまるような「う」だったり。
まる六・小室さんの感想「これは僕は100年練習してもできない!」
VOICE・関口くんの感想「VOICEの選ばれし者たちって感じ…!」

12.☆石と死者(曲:小室等 詩:佐々木幹郎)
まる六+VOICEの豊田耕三(バウロン)の5人編成で演奏。
最初はまる六だけで演奏する予定でしたが、当日のリハーサルの演奏中に突然小室さん、
「しゅうぞう~(豊田耕三のあだ名)、バウロン~」
このひとことでしゅうぞうさん出場決定(笑)。

相聞歌1 相聞歌2(m$)
13.倉敷過ぎて(曲:小室等&中村裕美 詩:佐々木幹郎)
このイベントのメイン曲、今回の倉敷インスピレーションのために書き下ろされた新曲。
佐々木先生が書かれた詩に、Aメロを小室さん、Bメロを私が書くという形で作曲したのですが
お互い特に「テンポはこれぐらいで」とか「キーはDで」とかそういう打ち合わせもなく
勝手に作曲して練習日に持ってきてみたら、見事曲調もキーも一致!!
曲の後半では
小室さんの作曲したAメロにある「ああ~♪」と私の作曲したBメロにある「ああ~♪」が
混ざり合って演奏されます。

■アンコール■

アンコール1 アンコール2(m$)
14.☆詩人は辛い(曲:谷川賢作 詩:中原中也)
まる六がよくアンコールに歌う「詩人は辛い」は
「私はもう歌なぞ歌わない…みんな歌なぞ聴いてはいない…聴いてるようなふりだけはする…」
と、聴いてる人達の本音をつくような歌詞の内容に、何故かタンゴ調の音楽がつけられています。
チェロもピアノもアコーディオンも大暴れです。

相聞歌4(m$)
15.倉敷過ぎて(曲:小室等&中村裕美 詩:佐々木幹郎)
最後に「倉敷過ぎて」をもう一度。
間奏ではそれぞれの楽器がアドリブを披露して大盛り上がりの中、幕を閉じました。

Posted by yumi-NAKA.
Photo:(m$)mikiro SASAKI, (t%)tomomi ODA, (y#)yumi-NAKA.
スポンサーサイト


この記事に対するコメント
▲TOP
この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

▲TOP
この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://voicespace.blog58.fc2.com/tb.php/122-1602df58
▲TOP



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。