VOICE SPACE
  詩と音楽のコラボレーション集団 "VOICE SPACE" 公式ブログ
CD

声のまぼろし

CD「声のまぼろし」
2010年2月28日発売 ¥2000
ご購入はこちら→RAGTIME



Information

VOICE SPACE 

Author:VOICE SPACE 
・VOICE SPACEとは
東京芸術大学音楽学部の学生、院生、卒業生を中心とした、 現代詩を研究する音楽グループ。「音楽文芸」講座担当の佐々木幹郎氏、成田英明氏を顧問として2004年に発足。
>>メンバー



mail to VOICE SPACE



New Entries



Categories



Maxim

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



Comments



Trackbacks



Archives



Thanks!

>



Special

VOICE SPACE in 倉敷
Web写真集
(全330頁)

スライドショー 一覧


倉敷インスピレーション2006のレポートと併せてご覧ください。

レポート



Photo Club

VOICE SPACEメンバーたちが撮った写真を公開! VOICE SPACE写真クラブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



Search



Links

このブログをリンクに追加する



RSS



Let's play!




スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



5/5 @北京大学 #2
本番の直前になって突然曲順が大幅に変更になったり
私が大事な楽譜を紛失してひとりで大騒ぎしたり
とにかく落ち着かないまま本番スタート!!

★のついてるものがVOICEの演目です。
演目はここにのせてるものがすべてではありません。

司会
ありよし君は聴きに来てくれたつもりが
なんと急遽、成田先生のジャケットを借りてまた司会として出ていただくことに。
本当にありがとうございます。感謝してもしきれない。

★「対苹果的執着」(りんごへの固執)/谷川俊太郎
対苹果的執着 対苹果的執着
なんと1曲目はこの曲。空飛ぶりんごがついに海をこえた!お客さん唖然!

プログラムにVOICE SPACEの他の曲は「配楽的朗誦」(音楽をともなう朗読)と書いてあったけれど
この曲だけ「女高音独唱」と書いてあった。
プログラム組んだ人はきっとVOICE SPACEのそれぞれの曲がどんな曲か知らないで
組んでると思うのですが
この曲を普通の歌曲だと思って最初に持ってきてしまったんだろうなぁと思ってみたり。

★「活着」(生きる)/駱英
活着
駱英さんが登場すると会場は大盛り上がり。楽曲に語りで参加していただきました。

「我愛大海」/許智宏
学長
北京大学の許智宏学長が急遽登場し、自作の詩「我愛大海」を朗読。

★「恋愛」(恋)/佐々木幹郎
恋愛
澤村氏の新曲は、3拍子×5小節でワンフレーズという
不思議なリズム感のテーマが、時にやさしく、時に激しく展開する楽曲。
この詩にでてくる「トプカ語」ももしかしたらこういうリズム感の言葉なのかもしれないな。

★「深深的沈黙」(深い沈黙)/西川
深深的沈黙 深深的沈黙
想像力がなくなっていく現代社会を生きる人間をテーマにした詩。黄木くんがソロで熱唱します。
ちなみにピアノに調律が入らず音程狂ったまま本番です。

無伴奏男生四重唱(北大合唱団)「等你到天明」
北京大学合唱
学生じゃないっぽい人も混ざってるように思うのは私だけでしょうか。
彼ら、袖で待ってる時にジブリの歌を歌ってはニヤリとしていました。

★「坟墓」(墓)/田原
坟墓
小田さん作曲のこの楽曲は合唱パートによる複雑なハーモニーが美しい。
田原さんには今回の旅の間中ずっと通訳もしていただき、本当にお世話になりました!!

「孔雀飛来」
孔雀飛来
北京大学芸術団による、民族舞踊をとりいれたセクシーなダンス。
彼女ら、楽屋ではめっちゃくちゃ元気でした。

★「牛的后面」(うしのうしろに)/谷川俊太郎
牛的后面 牛的后面
声色七変化、手拍子、足拍子が伴うヴィルトゥオーソ的なこの楽曲は
日本語がわからなくても楽しめ、大喝采でした。

宋先花さん
北京大の宋先花さんによる独唱。

★「咒語」(呪文)/佐々木幹郎
咒語
全員、舞台監督からいただいたストールを纏い、登場!エキゾチックな雰囲気です。

舞踊詩
北京大芸術団による詩の朗読とダンスのコラボレーション。

このあと、前述の宋先花さんとVOICEの小林沙羅がソロをとり
出演者全員で中国歌曲「茉莉花」を大合奏しました。
いろいろあったけど、このときは日本と中国がひとつになれたような気がする。
これから前に進めそうな気がする。
終わった後も「茉莉花」のメロディーがみんなの頭の中でずっと流れていたみたいです。

(Photos by Mikiro SASAKI)

(Written by Yumi-NAKA.)

スポンサーサイト


この記事に対するコメント
▲TOP
この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

▲TOP
この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://voicespace.blog58.fc2.com/tb.php/111-2d3cbeec
▲TOP



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。