VOICE SPACE
  詩と音楽のコラボレーション集団 "VOICE SPACE" 公式ブログ
CD

声のまぼろし

CD「声のまぼろし」
2010年2月28日発売 ¥2000
ご購入はこちら→RAGTIME



Information

VOICE SPACE 

Author:VOICE SPACE 
・VOICE SPACEとは
東京芸術大学音楽学部の学生、院生、卒業生を中心とした、 現代詩を研究する音楽グループ。「音楽文芸」講座担当の佐々木幹郎氏、成田英明氏を顧問として2004年に発足。
>>メンバー



mail to VOICE SPACE



New Entries



Categories



Maxim

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



Comments



Trackbacks



Archives



Thanks!

>



Special

VOICE SPACE in 倉敷
Web写真集
(全330頁)

スライドショー 一覧


倉敷インスピレーション2006のレポートと併せてご覧ください。

レポート



Photo Club

VOICE SPACEメンバーたちが撮った写真を公開! VOICE SPACE写真クラブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



Search



Links

このブログをリンクに追加する



RSS



Let's play!




スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



『狐の足あと』オープン!
201503231641295ea.jpg

山口に行ってきました!

2007年のYCAM前特設サーカス小屋でのコンサート、YCAMでの朗読劇『子守唄よ』の初演、
2010年の山口教育会館での『声のまぼろし』コンサート以来
山口に呼んでいただいての演奏は5年振り4回目となります。

(2009年にもCD『声のまぼろし』のレコーディングを山口市で行っています)

3/22(日)。
山口市に新しい観光施設「狐の足あと」がオープンし、
開館式が向かいの中原中也記念館前庭特設テントにて行われました。
開館式では館内の「言音の湯」のBGMを担当するvoice spaceが「朝の歌」を演奏いたしました。

ありがたいことに今まで「朝の歌」を何度も演奏する機会をあちらこちらでいただいているけども
この開館式が私(ナカムラ)的にもっとも緊張したかも(笑)。

また、開館式のほかに山口滞在中に2回のフリーライブを行い、
たくさんのお客様に熱心に聴いていただきました。

3/21(土)18:30
「中也に捧げる夕べ」
於:中原中也記念館2階展示室

演奏曲

中原中也記念館BGMより
1.第1曲(小田朋美)
2.第3曲(小田朋美)
3.エレジー(マスネ)
4.第6曲

言音の湯BGMより
5.月夜の浜辺(中村裕美)
6.湖上(中村裕美)
アンコール:朝の歌(中村裕美)

3/22(日)14:00
『狐の足あと』オープン記念コンサート
於:中原中也記念館前庭特設テント

演奏曲

1.エレジー(マスネ)
2.曇天(中村裕美)
3.六月の雨(中村裕美)
4.中原中也記念館BGM 第1曲(小田朋美)
5.北の海(中村裕美)
6.春と赤ン坊(中村裕美)
7.坊や(中村裕美)
8.蝉(中村裕美)
9.中原中也記念館BGM 第6曲(小田朋美)
10.月夜の浜辺(中村裕美)
11.湖上(中村裕美)
アンコール:朝の歌(中村裕美)

出演メンバー
黄木透(テノール)
豊田耕三(アイリッシュフルート)
大石俊太郎(サックス)
関口将史(チェロ)
小田朋美(作曲/ピアノ)
中村裕美(作曲/ピアノ)

演奏後は我々も「狐の足あと」の足湯に入ってみましたが
スタイリッシュなデザインのお庭と気持ちいいあったかさのお湯、
そしてvoiceの音楽が良い音響で流れており(←ここ大事なとこ)
いつまででもリラックスしてしまいそうでしたよ。
カフェには山口の地酒がおちょこ3つセットで数種類あるほか、
かわいい狐の顔を描いてくれるカフェラテ、
外郎とラムレーズンの組み合わせがおいしい外郎パフェなどがあります!
2階には多目的スペースがあって、今は「花燃ゆ」の衣装や小道具の展示会を行っておりますが
天井も高く開放感もあり、音楽会やワークショップなどでも使えそう。

山口市は来るたびにおしゃれな店などが増えていって活気付いているイメージがあります。
この「狐の足あと」もうまく使うことによって山口市が更にパワーアップしていくことでしょう!
スポンサーサイト


「狐の足あと」にVOICE SPACE!
3月22日。
山口市の中原中也記念館向かいに
湯田温泉観光回遊拠点施設「狐の足あと」がオープンします。

この「狐の足あと」…山口市の観光案内所のような役割を果たす施設のようで
施設内で地酒や外郎を味わえたりもするようです。

そして、施設内に「言音の湯」という、足湯カフェができる予定なのですが…
なんと!このカフェで流れる音楽にVOICE SPACEの音楽を採用していただきました!

ここで聴けるVOICE SPACEの楽曲は中原中也に関連した楽曲10曲。

○サーカス
○湖上
○朝の歌
○坊や
○子守唄よ
◎曇天
◎六月の雨
◎北の海
◎月夜の浜辺
◎春と赤ン坊

(全て作曲は中村裕美)
◎は言音の湯のための書き下ろし曲。CD化はされておらず、この「言音の湯」でしか聴けない音源です。
○は2007年に山口市YCAMで初演した朗読劇「子守唄よ」のために作曲した楽曲で
VOICE SPACEのCD「声のまぼろし」にも収録されております。
各曲についてはまたの機会に簡単な解説などをこのブログ内でしようかなと。

また、お向かいの中原中也記念館では昨年より小田朋美作曲によるBGMが使われておりますので
「狐の足あと」にお越しのかたはこちらもあわせてお楽しみください!

(by umy NAKAMURA)


ヨコハマ・インスピレーション ダイジェスト動画
ずいぶんお久しぶりの投稿となってしまったことをお詫び申し上げます。

ヨコハマインスピレーション(photo by深堀瑞穂)
(Photo by 深堀瑞穂)

昨年11月の「ヨコハマ・インスピレーション」におきましては
たくさんのお客様にお越しいただき成功を収めることができました。
メンバー一同、お礼申し上げます。

さてこのたびヨコハマ・インスピレーションのダイジェスト動画をアップロードいたしましたので
ぜひごらんくださいませ。


(映像編集:藤原天生)

ヨコハマ・インスピレーション
2014年11月16日 於:横浜赤レンガ倉庫1号館3階ホール
セットリスト

第1部

1. 朝の歌
2. 秋の一日 (初演) 
『新編 中原中也全集』第一・第二巻(角川書店、2000・2001年)より
詩・中原中也、曲・中村裕美 

3. 間奏曲(中原中也記念館BGM)
曲・小田朋美

4. 月夜の浜辺
5. 湖上
『新編 中原中也全集』第一・第二巻(角川書店、2000・2001年)より
詩・中原中也、曲・中村裕美 

6. 間奏曲(中原中也記念館BGM)
曲・小田朋美

7. ア ナザ ミミクリ Op. 1
『 ア ナザ ミミクリ―an other mimicry』(書肆山田、2013年)より
詩・藤原安紀子、曲・小田朋美

8. リビング
『 ウイルスちゃん』(思潮社、2011年)より
詩・暁方ミセイ、曲・中村裕美

第2部

おれはひとりの修羅なのだ
―宮澤賢治をめぐる音楽ファンタジー ― 2nd Version.
詩・宮澤賢治
構成・早坂牧子
曲・中村裕美 (1, 2, 4, 6)、小田朋美 (5, 7)

1. 序
2.「 有明」
3.「鬼言(幻聴)」
4.「真空溶媒 (Eine Phantasie im Morgen)」
5.「ぬすびと」
6. ゴーシュと楽団
7.〔 風が吹き風が吹き〕
『 宮沢賢治全集Ⅰ』(ちくま文庫、1986年)他


新編 中原中也全集〈第1巻〉詩1新編 中原中也全集〈第1巻〉詩1
(2000/03)
中原 中也、大岡 昇平 他

商品詳細を見る



新編 中原中也全集〈第2巻〉詩(2)新編 中原中也全集〈第2巻〉詩(2)
(2001/05)
大岡 昇平、吉田 ヒロオ 他

商品詳細を見る



ア ナザ ミミクリ―an other mimicryア ナザ ミミクリ―an other mimicry
(2013/02/01)
藤原 安紀子

商品詳細を見る



ウイルスちゃんウイルスちゃん
(2011/11)
暁方 ミセイ

商品詳細を見る


(by umy NAKAMURA)


いよいよ今月、ヨコハマ・インスピレーション!~作曲者より
いよいよ今月!
11月16日、VOICE SPACEの単独公演「ヨコハマ・インスピレーション」が
横浜赤レンガ倉庫1号館3Fホールにて行われます。
赤レンガ倉庫1号館
今回は、この公演に向けて、作曲メンバーの中村、小田からのコメントをご紹介いたします。


「宮沢賢治の詩は、なんとなくすごいということはわかるけれど、なんだか少し難しい。」
実は、私もつい最近までそう思っていました。聞きなれない単語やひねった言い回しで意味がわからない…そう思っていたのですが、声に出して読んでみると、これが、なかなか不思議な響きをもって言葉があふれだしてきて、たちまち楽しくなってくるのです。
ジャンルにとらわれずに自由な音楽性で言葉を躍らせるように奏でるVOICE SPACEにぴったりの詩を選んで、宮沢賢治の詩を歌うように朗読する作品を作りました。是非、横浜に集まって、たっぷりと宮沢賢治の詩を耳で聴く贅沢な時間を、一緒に楽しみませんか。
また、VOICE SPACEは中原中也生誕100周年の2007年から、中也の詩に曲をつけた作品をコンスタントに作り続けています。横浜で行う機会をいただいたことで今回のために新たな楽曲も作ることができました。こちらも是非ご期待下さい。

VOICE SPACE 中村裕美



『VOICE SPACE』=『声宇宙』。
私はこのグループに入ってからというものの、日本語の面白さ、そして人間の声の芳醇さに魅せられ続けています。

私たちVOICE SPACEは、様々なアプローチで言葉と音楽の融合を試みながら、何よりもお客さんに最っ高に楽しんでもらうことを目指して作品を作っていますが、今回は中原中也と宮沢賢治の作品を中心に、ひとつの大きな舞台が出来上がりました。
VOICE SPACE渾身の意欲作です。

「詩」として書かれた言葉が「声」になり「音」と交わり、ひとつの「宇宙」となる瞬間を、どうぞ目撃しに来てください。

VOICE SPACE 小田朋美



ヨコハマ・インスピレーション
新情報!!
今秋、VOICE SPACEの単独公演決定!!

VOICE SPACEチラシ_オモテ



SOUND DISCOVERY横浜赤レンガ倉庫1号館 倉庫ライブ
VOICE SPACE
ヨコハマ・インスピレーション
―波止場の中也、風のなかの賢治―


日本で唯一の詩と音楽のコラボレーション集団VOICE SPACEが放つ、
摩訶不思議で、鮮烈な音楽ファンタジー!
横浜を歩く中原中也と、花巻でセロを弾く宮澤賢治。
海風に乗って、吹き寄せる、昭和初年代の二つの魂!

波止場に出でて、今日の魂に合ふ、布切屑(きれくず)をでも探して来よう(中原中也)
ほんとうにおれが見えるのか、まばゆい気圏の海の底に(宮澤賢治)

日時: 2014年11月16日(日) 15:30開場 16:00開演
会場: 横浜赤レンガ倉庫1号館3階ホール
入場料: 前売3,500円 当日4,000円(自由席)


問い合わせ
横浜赤レンガ倉庫1号館(10:00~18:00)…☎045-211-1515
岩神六平事務所…☎046-876-0712(留守電対応)

チケット取扱い(9/1より発売!)
横浜赤レンガ倉庫1号館(10:00~18:00)…☎045-211-1515
岩神六平事務所チケットオーダーフォーム
カンフェティ・チケットセンター(平日10:00~18:00)…☎0120-240-540

主催:詩と音楽のコラボレーション集団VOICE SPACE、 横浜赤レンガ倉庫1号館(公益財団法人横浜市芸術文化振興財団)
後援:毎日新聞社、横浜市文化観光局
協力:グローブマーケティング株式会社、グローブ・エモーションズ株式会社

VOICE SPACEチラシ_ウラ


「ドコでもシアター」set list
_IGP5836.jpg

本日、松戸市の「21世紀の森と広場」にて行われた「ドコでもシアター」に
VOICE SPACEから豊田耕三(アイリッシュフルート&ホイッスル)、澤村祐司(箏)、
石井千鶴(鼓)、渡辺元子(尺八)、中村裕美(作曲)の5人が出演いたしました。

晴れ男・しゅうぞう(豊田)のおかげか、天気は快晴!
朝から気温がぐんぐん上がり、とても暑かったけれど
時々いい風がふいてきて、気持ちよく演奏できました。

午前の回、午後の回、共に、たくさんのお客様が足をとめて熱心に聴いてくださり、
とてもうれしかったです。ありがとうございます!!

_IGP5851.jpg


セットリスト(11:00~の回、14:00~の回、ともに同じ曲目)

1.こころ ころころ
(詩:谷川俊太郎/曲:中村裕美)


こころこころ
(2013/06/07)
谷川俊太郎

商品詳細を見る


谷川俊太郎さんが朝日新聞に月一で連載していた「こころ」の詩のなかの一遍です。
(↑「こころ」の詩は、単行本化されております)

VOICEで、この詩をテーマに演奏を最初にしたのは2011年の芸祭「やの屋」にて。
この詩をテーマにし、矢野顕子さんと即興性のあるコラボ演奏をいたしました。
2012年の船堀タワーホールでの谷川俊太郎さん谷川賢作さんと出演したコンサートの際も
両氏とのコラボのために形をかえて演奏しましたが、
今回はこの編成のためにまた書き換えたものを演奏いたしました。

_IGP5845.jpg

2.恋
(詩:佐々木幹郎/曲:澤村祐司)



続・佐々木幹郎詩集 (現代詩文庫)続・佐々木幹郎詩集 (現代詩文庫)
(1996/06)
佐々木 幹郎

商品詳細を見る


犬語で叫ぶ「アイーン アイーン」が印象的なこの作品は
2008年の北京大学でのコンサートでの初演以来、VOICE SPACEの大定番となっている澤村曲。
今回はCD「声のまぼろし」にも収録されているオリジナルバージョンと、
2012年の東京インスピレーション3rdにて演奏した中村裕美編曲のアップテンポバージョン「恋2012」を
続けて演奏いたしました。

_IGP5857.jpg

3.おれはひとりの修羅なのだ・春~風が吹き風が吹き
(詩:宮沢賢治/曲:中村裕美、小田朋美)



宮沢賢治全集〈1〉 (ちくま文庫)宮沢賢治全集〈1〉 (ちくま文庫)
(1986/02)
宮沢 賢治

商品詳細を見る


宮沢賢治の詩や童話をテーマにメンバーの早坂牧子が構成し、
中村裕美と小田朋美が作曲し、今年1月の東京インスピレーション5thにて演奏した、
約40分の演奏作品「おれはひとりの修羅なのだ」を短縮バージョンでお送りしたものです。

『春と修羅』第一集、第二集より、
「序」
「岩手軽便鉄道の一月」
「真空溶媒」
「有明」
などをベースに、詩を抜粋して、構成しております。

終曲の「風が吹き風が吹き」という楽曲のみ、小田朋美作品で、
小田朋美のソロCDに収録されているものをVOICEのこの演目用にアレンジしなおしたものです。

_IGP5830.jpg

屋外での演奏はVOICE SPACEとしては、かなりめずらしい形でしたが
外の音と語りあっているようで、とてもおもしろかったですね。またやってみたいです。


「ドコでもシアター」にVOICE SPACE!
今月末、VOICE SPACEがめずらしく野外での演奏をいたします!

松戸市にある「21世紀の森と広場」にて定期的に行われているコンサートやパフォーマンスのイベント
「ドコでもシアター」に、VOICE SPACEの出演が決まりました。

どんな風に吹かれながら演奏することになるのか、楽しみです!

日時|2014年5月31日(土)
   第1回目 11時00分から12時00分
   第2回目 14時00分から15時00分

会場|千葉・松戸市 21世紀の森と広場 「千駄堀池」のほとり
※雨天時は、「広場の橋」の下に会場を変更して実施

大きな地図で見る

内容|宮沢賢治の詩と音楽のコラボレーションによる演奏ほか

奏者|中村 裕美(作曲・ピアノ)
   豊田 耕三(アイリッシュフルート)
   澤村 祐司(箏)
   石井 千鶴(鼓)
   渡辺 元子(尺八)

料金|無料

主催|studio-MoC・松戸市




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。